カードローンを申し込む金融会社を選ぶ基準は?

カードローンは使いやすい個人向け融資の手法です。ローンカードを利用して借入や返済を繰り返し行うことができるので利便性が高いのです。

これに対し、融資をする側は融資額が限度額上限に張り付いてしまう可能性があり、通常のローンに比べるとリスクが高いと考えています。そのため、必然的に利率が高くなる傾向にあります。

カードローンを利用する際は、このメリットとデメリットの双方を見比べて選択する必要があります。しかし、基本的に審査は通常の銀行ローンなどと同じであり、収入や勤務先などから信用を推し量るという手法でされていきます。

カードローンの返済方法は、毎月一定額を期限までに入金するというものです。手続をすれば銀行からの口座引落の方法で返済することも可能です。もちろん余裕があれば、それ以上の金額を返済することも可能です。繰上返済と言われる方法です。

カードローンの一番賢い使い方は、繰上返済をすることでできるだけ早く完済することです。当たり前だと言われるでしょうが、できていない人か多いです。もちろん資金的に余裕がない月に無理やり繰上返済をする必要はありません。しかし、資金的に余裕があるのに繰上返済をしない人も少なくありません。最低返済額をクリアしているのだからあえて返さなくてもいいと考えている人が多いためでしょう。

しかし、カードローンの利率は高いです。大手の場合は年利18%程度が普通なので、銀行ローンや車のローン金利に比べるとかなり高いです。そのため、できるだけ早期に返済することで自分の負担を軽くすることが大切です。

また、カードローンの利点として借入が自由にできる事が挙げられますが、利用額が多いと融資余裕額が少なくなります。いざという時に役に立つカードローンなので、融資余裕額はできるだけ大きくとっておいた方がいいのです。


金利は安い方がいい

これも当たり前のことですが、金利は安い方がいいです。 一般論ですが、銀行と消費者金融を比べると、銀行の方が低金利です。タダ同然の低金利で預金を集めて貸しているのですから当然の事でしょうが、銀行によっては信用力の高い人を対象にして、年利10%以下のカードローンを提供していることもあります。

カードローンの金利設定は、融資限度額と反比例しています。消費者金融の場合、貸金業法といわれる法律に基づいて営業をしていますが、融資限度額が100万円以上になると年利15%以上の金利を取ることができません。

100万円ほどの融資限度額でなくても、年利18%と言われる最高金利が適用されない場合が多くあります。銀行によっては融資限度額ごとの金利を表示していることがありますが、ほとんどの消費者金融でも同様に融資限度額ごとに金利を変えているのです。 しばらく利用を続けて延滞もなければ、消費者金融側から増枠の勧誘があります。この際、増枠を受け入れるとともに金利引き下げを交渉することで、更なる低金利を実現することができます。金利は信用で決まる面もあるのです。

信用力が高ければ、どこの金融機関でカードローンを作っても融資限度額が高くなり、同時に金利も下がります。ただし、自分の意志で勤務先や給与を代えることは難しいです。ただし、大手消費者金融では1か月間の無利息キャンペーンなどを実施していることもあります。うまく利用することで、実質金利を下げることは可能です。


繰上返済がしやすい方がいい

案外見過ごされやすい点ですが、カードローンなら繰上返済をどこでもできるわけではありません。 大手消費者金融ならどのコンビニでも大丈夫ですが、信販会社などの場合は、自社ATMしかできないというケースがあります。この場合、資金的に余裕があっても繰上返済ができないというケースが生じます。

※お金を借りるKINGから一部引用

また、コンビニATMで繰上返済ができるとしても、1回の利用について108円の手数料が取られます。この手数料は毎月の返済額から相殺されるので、利用回数が多いと返済額が少額であることもあり、元本の返済がどんどん遅れる原因になってしまいます。

大手消費者金融であれば、無人機店舗が多くATMも併設されています。店舗ATMであれば手数料はいらないし、繰上返済は確実にできます。店舗の多寡は消費者金融によってまちまちです。消費者金融の中には銀行傘下に入っていることも少なくありませんが、この場合銀行ATMも店舗ATMのように手数料無料で繰り上げ返済することができる場合もあります。

また、ATMがなくても振込の方法で繰上返済ができる場合もあります。消費者金融の中には、ネットバンキングに対応していることもあり、振込手数料が安くできます。また、自分の持っているネットバンクへの振込であれば手数料ゼロの場合もあります。 できる金融機関ばかりではありませんが、わざわざATMに行く必要がないというメリットもあるので、繰上返済の方法としてお勧めです。


背伸びしない金融機関選び

カードローンをこれから選ぼうとする人の中には、銀行系カードローンが一番いいと信じている人がいるようです。確かにメガバンクのカードローンは商品内容がよくて人気も高いです。しかし、このことは同時に審査が厳しめであることも意味しています。

メガバンク系のカードローンは金利が15%弱と条件がいい事は間違いありません。しかし、このことは信用力がないと契約できないことも意味しています。そのため、自営業・アルバイト・派遣の方は契約できないこともあり得ます。これでは意味がありません。

多少金利は高くなりますが、大手消費者金融であればこのようなことはまずありません。少なくとも、メガバンク系のカードローンより融資限度額が多くできる可能性が高いです。カードローンは限度額が大きい方が使い勝手がいいので有利です。

金利が高いとはいえ、高額の借入をしなければ金利の差は無視できるほど少額です。また、繰上返済をすることによって両者の差はさらに縮まります。銀行系カードローンを契約して金利が安いからと喜んでいても、残額が多ければ他の種類の銀行ローンに比べて金利が高いだけ不利になるのです。

カードローンは便利な融資手段ですが、その内容は銀行も消費者金融も変わるものではありません。下手に「聞こえがいいから」という理由だけで銀行系カードローンを利用する理由はありません。自分にあった金融機関で一番条件のいいカードローンを探すのがベストの手段です。

メニュー